人気ブログランキング |

タグ:ナチュラルライフ ( 4 ) タグの人気記事

菊は菊でも

a0237010_17375072.jpg普通のお宅では、こんな菊はあまり栽培されないのではないでしょうか。
ナチュラルライフの入口に、置かせてもらってます。
名前は、「大白糸」とか。
白糸の滝をイメージしますね。

一つの苗から三本出して、同じ高さに作るのだそうです。
同じ高さにするのが、難しい....土の中で何やら細工をしているらしいのですが。



川崎、鷺沼駅から徒歩3分の場所で、痛くない『ゆるふわ骨整体』をやっているナチュラルライフ整体アロマルームです。

痛い、痺れてる、何とかして~、という体からの声を聞いてあげてくださいね。
土日祝日もやってますから、いったいどんなことやってるの? という方は、お電話ください。

044-750-8728
by natural--life | 2012-11-11 17:43 | その他

造花ですか?って

a0237010_12352475.jpgいただいた、というか、花が咲いている間お借りしているというべきか、の「源平かずら」です。

クレロデンドロンという英名がありますが、つる性熱帯花木なので、今の時期は温室でなければ花は咲きません。

ご近所の耳鼻咽喉科で苗をご自由にお持ちくださいと並べられていたものを育てている方が、持ってきてくださったのですが、温室では花が咲き終わったら短く切っておくと、新しい茎にまた花が咲き、1年中楽しめるのだとか。

通常は朝顔のようにあんどん仕立てにするケースが多いとは思いますが、その方は胡蝶蘭なども栽培されているので添え木にうまーいこと持ち上げて見栄えよくしてあります。

この源平かずら、紅白合戦の元になった源平合戦から名前を取ってるみたい。

赤と白、どちらが源氏でどちらが平家だと思いますか?

この質問をすると、たいていの人は赤が源氏、と答えるんですよね。
なぜでしょう?

はい、源氏の旗は白地に青の笹りんどう、平家は赤地に白の揚羽蝶、です。
デザイン的には何百年前とは思えないほど、モダンな平家の揚羽蝶です。

おりしも、大河ドラマでは平清盛を放映しているらしいので、ご覧になる方は多いでしょう。

源平かずら自体は、白い苞の中から赤い花の平家が飛び出てくる、といった面持ちです。
葉っぱは、まるで人工的に作られたようなつやの葉なので、インテリアグリーンと間違えられたこともあります。

フフフ、うちはナチュラルライフですからね。
自然なもの、生命エネルギーが感じられるものが好きなんですよ。
だから、造花やドライフラワー、プリザーブドフラワーはご遠慮してます。
by natural--life | 2012-02-13 12:54 | その他

カッピング(吸い玉)は元気がたまる!

a0237010_1583862.jpgカッピングは、中国ではガラス・竹・陶器などが伝統的に使われ、火で中の空気を燃やして負圧にすることで皮膚に吸いつける火罐がよく行われています。

ナチュラルライフではスイナ(中国式もみ療法)とカッピングの組み合わせをオススメすることが多く、まずスイナをしてから、韓国製の強化プラスチックのカップをポンプで吸い出し、20個ぐらい背中につけて5分ほど留罐します。
その後、緩み足りない部分などをスイナ(もみ療法)で確かめ、再びカッピング、そしてまたスイナで仕上げます。

ポンプ式は、圧を調整しやすいのが利点。
つねられているようで痛いといった部分や脇腹に近い所は緩めに、腰部分は強めに、と変えていきます。

留罐は寒さを取り除く作用があり、走罐(スライドカッピング)は経絡に気を通じさせる作用があるといわれており、走罐は痕がつきませんが留罐は痕がつくので、エステなどではスライドカッピングされるところが多いようです。

冷えは万病の元ですから、留罐で寒を取り除き血行をよくすると免疫力が高まります。
抜罐(カッピング)は、針灸学の本によると重要な補助療法の一つだとはっきり記載されており、中国の黒龍江中医薬大病院では中医の先生が鍼を打った後にスライドカッピングしていましたが、日本では鍼灸院で行われているところが少ないのが残念です。

私の場合は、
何だか疲れてやる気がなくなったときも、カッピングをすると元気が溜まっていく。
元気になると、またシャカシャカ動く気になってくる。
そんな自分を発見すると、
恐るべしカッピング!、と思うのです。

川崎、田園都市線の鷺沼駅から徒歩3分の場所で、優しい刺激なのに結果が出る『ゆるふわ骨整体』のナチュラルライフ整体アロマルームです。

痛い、痺れてる、何とかして~、という体からの声を聞いてあげてくださいね。
マッサージをしてもすぐ元に戻っちゃう、根本的に良くなりたいのという方は、お電話ください。

044-750-8728
by natural--life | 2012-01-22 15:09 | 施術

カッピング(吸い玉)は元気がたまる!

a0237010_1583862.jpgカッピングは、中国ではガラス・竹・陶器などが伝統的に使われ、火で中の空気を燃やして負圧にすることで皮膚に吸いつける火罐がよく行われています。

ナチュラルライフではスイナ(中国式もみ療法)とカッピングの組み合わせをオススメすることが多く、まずスイナをしてから、韓国製の強化プラスチックのカップをポンプで吸い出し、20個ぐらい背中につけて5分ほど留罐します。
その後、ゆるみ足りない部分などをスイナ(もみ療法)で確かめ、再びカッピング、そしてまたスイナで仕上げます。

ポンプ式は、圧を調整しやすいのが利点。
つねられているようで痛い部分や脇腹に近い所は緩めに、腰部分は強めに、と変えていきます。

留罐は寒さを取り除く作用があり、走罐(スライドカッピング)は経絡に気を通じさせる作用があるといわれており、走罐は痕がつきませんが留罐は痕がつくので、エステなどではスライドカッピングされるところが多いようです。

冷えは万病の元ですから、留罐で寒を取り除き血行をよくすると免疫力が高まります。
抜罐(カッピング)は、針灸学の本によると重要な補助療法の一つだと記載されており、実際黒龍江中医薬大病院では中医の先生が患者さんに鍼を打った後にスライドカッピングしていらっしゃいましたが、日本ではあまり行っているところがないのが残念です。

私の場合は、
何だか疲れてやる気がなくなったときも、カッピングをすると元気が溜まっていく。
元気になると、またシャカシャカ動く気になってくる。
そんな自分を発見すると、
恐るべしカッピング!、と思うのです。


川崎、鷺沼駅から徒歩3分の場所で、痛くない『ゆるふわ骨整体』をやっているナチュラルライフ整体アロマルームです。

痛い、痺れてる、何とかして~、という体からの声を聞いてあげてくださいね。
土日祝日もやってますから、いったいどんなことやってるの? という方は、お電話ください。

044-750-8728
by natural--life | 2012-01-22 15:09 | 施術


川崎市宮前区の鍼灸整体院/プラーナ鍼灸院・ナチュラルライフ整体アロマルーム


by natural--life

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る