ひまし油湿布

ひまし油湿布をしてみました。
ひまし油はデトックス(排毒)効果が高く、エドガー・ケーシー療法としてよく知られているものです。

フランネルの布地にひまし油を染み込ませて、右脇腹(肝臓付近)に当ててからヒーターで温めます。
本当は、ながら族などしないで、湿布に専念するようにすると精神的安定感も得られるかも、なのですが、テレビを見ながらの湿布でした。
温かくて寝ちゃうかと危惧しましたが、それはそれでいいと思いながら、体がどんな影響を受けるか興味津々で観察していると、

何だか体の内部でポコポコガスってるような、肝臓がそこにあるよと存在感を示しているような、

そんな感覚がありました。

肝臓は「沈黙の臓器」といわれるほど、よほど悪くならなければその存在感は無視されっぱなしの臓器であります。
だから、不思議な、解毒が手助けされているのかな、と思うような内部感覚があったわけです。

1時間半後、終わったあとは、

体の疲れが取れたような気がしました。

人によっては、精神的な落ち着きを取り戻す方もいらっしゃるようです。
翌日の体の動きは、蝶番に油をさしたあとのように、何となく滑りがいいようです。
いつもの動作が軽やかにできる。
夜もぐっすり眠れたので、このひまし油湿布を続けてみるつもりです。

最近は、とみにデトックスがとても重要なことだと感じているので、体が資本の仕事を持つ身としては、自らの体を調整してくれるものはとても大事。
その方法もいっぱいあった方がいい、と思いませんか。


川崎、田園都市線の鷺沼駅から徒歩3分の場所で、優しい刺激なのに結果が出る『ゆるふわ骨整体』のナチュラルライフ整体アロマルームです。

痛い、痺れてる、何とかして~、という体からの声を聞いてあげてくださいね。
マッサージをしてもすぐ元に戻っちゃう、根本的に良くなりたいのという方は、お電話ください。

044-750-8728
by natural--life | 2012-06-20 17:57 | 健康


川崎市宮前区の鍼灸整体院/プラーナ鍼灸院・ナチュラルライフ整体アロマルーム


by natural--life

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る